テーマ 全てのニュースをマークするすべてのニュースのチェックを外す

大使館所在地ー

駐日リトアニア共和国大使館 兼轄:フィリピン共和国、オーストラリア連邦、ニュージーランド、シンガポール共和国、インドネシア共和国、マレーシア

住所: 3-7-18 Moto-Azabu; Minato-ku, Tokyo 106-0046, JAPAN

もっと »

電話番号 +81 3 3408 5091
FAX +81 3 3408 5092
Eメール
ニュース 印刷する RSS

リトアニアは提供できるものがたくさんあります

作成済み: 2017.05.11 / 更新 2017.05.11 06:39
      リトアニアは提供できるものがたくさんあります
      リトアニアは提供できるものがたくさんあります
      リトアニアは提供できるものがたくさんあります

      去る5月9日、リンケヴィチュス外務大臣は日本の公的・私的セクター関係者との対談を持ち、リトアニアのICTセクターの紹介を行いました。その中で外務大臣は、今後この分野での日リ間協力関係は急速に進展すると信じている旨述べました。

      リンケヴィチュス外務大臣は日本リトアニア友好議員連盟メンバー、黒岩神奈川県知事、2020年東京オリンピック開催時のリトアニアホストタウンである平塚市の落合市長や、NTTドコモ中山副社長とも面会しました。

      各面談では、ビジネス、分野、サイエンス、テクノロジー、そしてスポーツなどの各分野での二カ国間協力関係の更なる発展についての意見交換がされました。外務大臣は日本記者クラブでも記者会見を行い、日本の報道関係者からの質問に答えました。

      「日本はアジア諸国の中でもリトアニアにとって貿易、観光、サイエンス分野で重要なパートナーであり、最近ではリトアニアで開発された新しいテクノロジーが世界中に普及しつつある中、日本の主要企業各社も関心を示している。ICT分野でWiderFi社が開発した技術が世界3位の市場規模を誇る日本で展開を始めたことを大変喜ばしく思っている。」と大臣は述べ、NTT DoCoMo社に対しリトアニアのインターナショナルパートナーとしての協働を呼びかけました。

      日本はリトアニアにとって、アジア諸国の中でサイエンス、テクノロジー、そしてイノベーション分野でもキーパートナーとなりました。リトアニアは、日本の主要研究支援団体全て(国立研究開発法人日本医療研究開発機構、国立研究開発法人科学技術振興機構、日本学術振興会)と協力協定を結んでいるヨーロッパ諸国はもとより世界でも数少ない国のひとつです。

      ライフサイエンス分野での二カ国間協力関係は目を見張るものがあり、過去2年間で11におよぶ二カ国共催シンポジウムが開催されました。シンポジウムには50名を超えるリトアニア人研究者と100名を超える日本人研究者ならびに企業関係者が参加しています。

      [[relation news]] [[all news]] »
      untitled.png

      2017年9月4日、ヴぃクトラス・プランキエティスセイマス議長が、中曽根弘文日本リトアニア友好議員連盟会長と面談しました。

      面談の席では、二カ国間関係、地域の安全、そして北朝鮮による脅威についての意見交換が持たれました。

      外交政策と外交 » NATO(北大西洋条約機構)と国際安全保障 » 経済とビジネス »

      ニュースレターを購読する